旅行・地域

2009年9月18日 (金)

盛岡出張

今回の盛岡出張。
毎回のごとく、食べておくべき品を考えてみたところ、盛岡冷麺とじゃじゃ麺。
山形に行ったときに、山寺近くの八百屋さんにいたお客様に
「来週、盛岡に仕事で行きます」
と行ったところ、
「盛岡冷麺を食べるなら食道園」
と教えていただいたのですが、ホテル近くにあった、ぴょんぴょん舎で食べてみました。
P1040363 こちらの冷麺、麺がモチモチしていながら、コシがあり、やみつきになりそうな感じlovely
お会計の時にビックリしたのですが、銀座にも店舗があったのでした。。。
アラ?なんだか盛岡まで来て・・・coldsweats02
得したような損したような。。。coldsweats01
後から教えていただいた食道園を調べてみると、元祖・盛岡冷麺のお店だったのでしたdelicious
ナルホド・・・それで教えてくださったのですねeye

次の日のお仕事も順調に終わり、新幹線に乗る前に時間があったので、じゃじゃ麺を食べてみることに。
レッスン中に、生徒さんや会社の方に美味しいじゃじゃ麺を聞いてみたところ、
盛岡で生まれ育った生徒さんの中には、
「じゃじゃ麺は食べたことがあるけど、ジャージャー麺は食べてみたことがない」とのこと。
ほぉcatfaceそんなイタリア人的な発言に驚きつつも、なんだか安心してしまいましたconfident
日本人の中でも、自分の地域の食べ物しか食べたことがないとは・・・
まぁ。じゃじゃ麺は日本で、ジャージャー麺は中国だから、国が違うんですけどねcoldsweats01
じゃじゃ麺で有名なのは、パイロンだそう。
しかし、盛岡駅からは遠いとのことで、教えていただいた駅の中にある 小吃店(しょうすうてん)
P1040365 注文をすると
「10分少々かかります」
との丁寧なお言葉。
ビールbeerを飲みながら待っていればあっという間happy01
じゃじゃ麺が運ばれてくると、今度は
「食べるのは初めてですか?」
と聞いてくださり、食べ方を教えてくれます。
「味噌を麺に絡ませて頂いて、お好みでテーブルのお酢やニンニクを入れてください」
「麺を3口くらい残していただいて、生卵を割って溶いて頂いてから”ちーたんたん”とおっしゃってください。スープをお注ぎいたします」
とのこと。
ふむ。まずは、よーく味噌を絡ませて一口。コシのあるきしめんのような麺にさっぱりとしたお味噌の味がよく絡みます。
そこに、お酢とニンニクを。
ふぅーんconfident美味しいhappy01
あっという間に、3口残るところまできてしまい、生卵を割り溶き、”ちーたんたん”を注文。
P1040367 「キレイにスープが入りました」
とスープを注いできてくださいました。
また、このスープが美味しいhappy01
美味しいお蕎麦を食べた後の、蕎麦湯のほっとするような美味しさに似ています。
これは、お気に入りnote
また、盛岡出張ないかなぁheartなんてwink
盛岡の方達は、皆さん良い方ばかりでとてもお仕事もしやすく、いいところ。
次は、わんこそばも食べてみないとねwink
駅の中で老舗のパイロンの生麺が売っていたため、お土産に買って帰ってみて食べてみたところ、私が食べたじゃじゃ麺と変わらない美味しさwink
帰りの新幹線bullettrainは、ビールbeer飲んでじゃじゃ麺食べてからすぐに乗ったため、ぐっすり眠って、あっという間の東京駅。
そのことを次の日のレッスンに来てくださったオバサマ生徒さんに話したところ
「男の人みたいねぇ」
と言われてしまいましたcoldsweats01
いいお仕事をした後には、自分にご褒美を与えてあげて、何も考えずにぐっすりと眠りたいものですよねぇhappy01
あれ?いつもかな?coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

仙台

仕事を終えて、本当は仙台出張も入っていたのですが延期となってしまったため、寄って帰るみることに。バスで1時間くらいbus
お昼前に到着したため、まずは腹越しらえ。
P1040252 仙台と言ったら牛タンですよねsmile
数量限定の極厚芯たんを食べてみることに。
柔らかくて肉厚な牛タンが食べられます。
ふぅ~んdeliciousこんなに分厚い牛タンを食べたのは初めてかなぁlovely
とろろも頂き、元気いっぱいになってから、行動開始dash
小さい頃から伊達政宗は好きだったため、伊達政宗にお近づきになって帰ろうかとcoldsweats01
P1040253 P1040259 まずは、伊達政宗のお墓がある瑞鳳殿へ。
杉の木が連立している石段を登っていきます。
もう、この森に入るだけでも気持ちが引き締まり、お天気もがいいのもあり、すごく気持ちが良く、いいところ。

東京から車で15分程でこんなに気持ちがいい場所があるというのも、仙台のいいところ。

P1040264 P1040270_2 こちらが伊達政宗のお墓。隣に資料館がありますが、20分の映像が流れており、伊達政宗は伊達男と言うだけあって、現代風の骨格だったそうです。

Sp1040271 そして、城跡の青葉公園へ。

ここに来て初めてsign01伊達政宗のカッコよさに気がつきましたsign03

頭の上にある三日月ですmoon3

Sp1040279

Sp1040277 帰りは、三越からずっと商店街を歩いていた途中に見つけた「ひょうたん揚げ」。

かまぼこをアメリカンドックにしています。

香ばしくて、なかなか美味しいですよdelicious

お試しあれ。

新幹線bullettrainに乗る前に、お知り合いの方とバッタリと会ってビックリhappy02

東京では全く会わないのに、こうゆうところでバッタリと会えるのもいいところ。

帰りの新幹線bullettrainは、ビールbeerを飲みながら話していたらあっという間sign03

またまた、いい出張だったのでしたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

山形市内

仕事を終えてから、ホテルで自転車を借りて走ってみることにbicycle
P1040249_2 夕方でライトアップしていたため、
「何、このフランスのお城みたいなのは?」
と思うかもしれませんが、以前県庁として使われていた建物で現在は資料館として使われているそうで、国の重要文化財。
私も以前、は、洋風建築が好きなため、建物を見ているだけでも癒されます。
はぁ。イタリア行きたいなぁairplane


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

山形出張

今年の夏は東北出張の多い私restaurant山形へ参りましたbullettrain
今回も初山形だったため、いつものごとく、観光や郷土料理も食べておかないとdelicious
Sp1040189 日本橋口からサクッと乗ってしまったため、何も買い込まずに乗車bullettrain
サスガにお腹がすいてきたので、新幹線の中で軽いものを食べようかと思っても、お弁当かお菓子かおつまみくらいしか、ないんですねbearing
そんなところに、お友達とメールをしていると
「米沢の牛肉どまん中食べてきてnote」と。
アドバイス通り新幹線の中で購入し、頂くことにtaurus
すっごくお腹がすいていたこともあり、一気に食べてしまって完食delicious
あ~美味しかったupと、これで元気いっぱいに山形駅で下車。
駅に着くなり、インフォメーションで主要な観光地を聞いてみると、「今日はお天気もいいですし、山寺がいいですよ」と。
人から勧められたら、すぐに実行(笑)
ホテルに荷物を置き、電車に乗り早速出かけてみることにtrain
P1040200 1000段あまりの階段があると聞いていましたが、
「一段二段と登ることにより私達の煩悩が消滅すると信仰されている修行の霊山です」
と書いてありますeye
ふむ。修行ですね。
なんだか、これから登る階段に少し不安を感じてしまいますが、途中休憩ができるところがあったりもしますし、ピッチよく上がれば30分くらい。
思っていたよりかはそんなに大変ではありません。
P1040203_2 P1040208あまり、比較にならないかもしれませんが、ハワイのダイヤモンドヘッドのほうが大変かな?というくらい(笑)
お天気もいいしsun、カラッとした空気だったため、辛くはなく気持ちがいいhappy01
仁王門も通過し、目指していた奥之院まで到着。
P1040211  P1040223 この辺りまで登ってくると、とても景色が良く、気持ちのいい景色が広がっています。
少しの間、ボーっとしていられるくらい。
登った甲斐がありましたし、煩悩も消滅されたかしら?

P1040227 降りてきてから、楽しみにしていた、力こんにゃくとさくらんぼソフト。
この、こんにゃくの歯ごたえも良かったのですが、さくらんぼソフトのほのかな甘さに感激happy02
登ってきた後だったので、余計に美味しく感じたのかもしれません。
力こんにゃくは有名なのですが、さくらんぼソフトは期間限定?だったためか、そんなに有名ではないみたいですが、これはオススメですscissors
山寺のお店は早く、5時に閉店してしまうため、山形駅に戻り、郷土料理の芋煮を食べてみることに。
P1040243 前日の日曜日に芋煮会があったそうで、来場者数20万人を超えsign022千人の人が芋煮を食べられなかったそうですeye
日本一の大きさのお鍋をキレイに掃除したショベルカーで芋煮を作るそう。それにしても、こんなに大人数が集まる、こんな大掛かりなお祭りがあるんですねcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

十番祭り

なんやかんやと、毎年行っている麻布十番祭りsmile
まずは、世界各国の屋台が並んでいる国際バザール会場でいつも腹ごしらえsmile
Pap_0004_2
Pap_0003 一緒に行った三田に住んでいるお友達が、美味しいよnoteと教えてくれた名物の「チョリパン」
アルゼンチンのビッグソーセージが入っているサンドイッチ。
お外でジュージューと焼いています。
見ただけでも美味しそうでしょ?
近くで売っていたハイネケンと一緒にかぶりつきますsmile
Pap_0002 食べていないんだけど、スペインの大きなパエリア鍋で作っている「フィデワ」。
どうも、これも名物なようで人気。
地元で美味しいものを知っている私のお友達は、それを混んでいない時間にせっせと効率良く購入し、お持ち帰り。
サスガ、小さい頃から長年通っているだけあります。
だって、お持ち帰り制度なんて知りませんでしたし・・・coldsweats01

Pap_0000 ハイネケンなんて飲んでいると、なかなか自分では購入しない台湾のかき氷。
ここも行列が出来ていて人気商品。
マンゴーが結構たっぷりと入っています。
これは、マンゴー好きならば、ビールを飲んでいても食べられますsmile
と、並んでいたときに、以前教えていたお料理教室の大先輩とバッタリとsign033年ぶりの再開heartお元気そうにされていて、何よりheart
こんな再開があるのも、十番祭りのいいところheart
今回気に入ったのは、十番温泉よりも奥のヒルズ近くの商店街に出ている
「おらがくに自慢会場」

いろいろな町の名物品を紹介しながら売っています。
なんとも楽しく、今回は、たくさんお買い物をしてしまいましたhappy02
いつもの十番祭りに、思わぬところでプラスαされたような気分ですっごく嬉しいnote
ヒルズでは盆踊りをしていて、またまた毛利公園を眺めながら、ゆっくりとビールbeerを飲み、人ごみから開放されて、ゆっくりと寛ぎますcatface
こんな大人な十番祭りもステキcatface
いろんな雰囲気を味わえた今年の十番祭り。
来年もまた、楽しいこと探しちゃいそうですnote

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

長岡花火1

長岡の花火は、すごく大きな花火があがってすごいsign03
と、以前からお友達に聞いていた私virgo
珍しくeyeツアーで行って参りましたbullettrainbus

よくよく考えたら、団体旅行に縁のない私でしたが、東京駅に集合して新幹線bullettrainで越後湯沢へ。
ずいぶん昔にスキーsnowboardで行ったことはあるにしても、ほとんど覚えていないくらい・・・
私、寒いのがニガテなので、ほとんどスキー、スノボーは行っていないんです・・・sweat02
越後湯沢からバスbusで、雲洞庵へ。

P1040074_2 私はNHKの大河ドラマ「天地人」 は観ていなかったのですが、

直江兼続が幼少時代に学んでいたお寺です。

門から本堂までの石畳の下に法華経が一石一字ずつ刻まれていて、踏みしめてお参りすると罪業消滅、万福多幸の利益に預かると言い伝えがあるそうです。

「愛・天地人博」に寄ってから、花火会場へ。
気になっていた雨rainも降りだしてしまい、不安たっぷりの予感weep
会場へ歩いていくと、ドロンドロンの沼地のような足元。
間違って転んでしまったら最後sign01罰ゲームのようsad
そんな中歩いて行き、ドロドロの中にブルーシートを敷いたら、ブルーシートからも染みてくるありさまshock
そんな中での花火鑑賞。
今年は、大河ドラマもあったため、常盤貴子さんがゲスト。
「会場上には雨雲はありません」とは言っているものの、小雨が降りだし・・・
P1040077 P1040100 P1040102 花火はしっかりと見ることができましたhappy01
東京でも、たくさんの花火を見ることができますが、やっぱり長岡花火はサイズが大きいのがあがりますし、スケールが大きいですねwink

「真夏の夜空をキャンパスに」なんて言っていましたが、本当にそんな感じhappy01
大河ドラマ記念の花火がイチバンすごかったかもnote
なんて、楽しんでいると・・・・
最後になって大雨が降りだしてきて、途中で退散するハメにrun
花火よりも明るい雷thunderと雨rainの中、ドロンドロンの足元の中を歩いていき・・・
こんなに泥だらけのところを歩くのは初めて。
確かに花火は素晴らしかったですが、私の中では、あのドロンドロンの中を歩いた思い出のほうが大きすぎてしまって・・・
でも、まだまだドロドロの中を歩いたところまでは良かったのですsign03
この後から、こんな大変な思いをするとは・・・shock
花火会場に到着する直前に、「宿に到着するのは深夜の1時になります」と告げられました。
「えっ・・・?そんなこと聞いていませんけど・・・」
と思っていたら、月岡温泉に到着したのは、深夜2時shock
なんだか悪夢のように思えてきてしまって、「これは時差があるんだ」なんて、自分に思い込ませていた私sad
温泉に入り、寝る時には外が明るくなってきて・・・
本当にとんでもない思いをしました・・・weep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月30日 (木)

鎌倉&逗子遠足2

実は、1に書いた内容は、本当の遠足のしおりに載っていなかったスペシャルな企画だったのでしたsweat01
でも、私はそれがイチバン嬉しかったりしてheart
寄り道っていいですよねwink
本当の遠足のしおりの内容は・・・
Sp1040039 「鎌倉市農協連即売所」でお野菜を購入して、逗子の魚市場でお魚を購入して、みんなでバーベキューをする!
という予定でしたが、バーベキューではなく、お家のキッチンで、いろいろとお料理しましたrestaurant

Sp1040056 購入したお野菜をグリルしてマリネに。
イカはグリルして、ワタはパスタに使用し、
お魚は、カルパッチョと、お腹にハーブを詰めてオーブン焼きに。
フレッシュなお野菜やハーブもサラダとして頂きます。
タコとじゃが芋もジェノベーゼであえてみたりしてnote
サスガ、イタリア料理教室を主宰されている先生と生徒さんの集まりだけあって、みんなで一斉にお料理restaurant
そのなかでも頑張られていたのは、イタリア料理教室を主宰されている先生のイタリア人のダンナさまnote
お料理がすごくお好きheart01で、お魚fishをイタリア人らしくsign03ハサミでさばいてくださったり、カルパッチョのお魚の削ぎ切りもしてくださいましたheart01
お子様の面倒も良く見てくれて、お休みの日にはお料理も作ってくださる、なんとも理想のダンナさまheart01
Sp1040060 Sp1040061 みんなで、たくさん美味しく食べた後に、緒方先生のお母様特製のケーキもペロッと頂いて、すっかりお腹いっぱいにsmile
みんなでワイワイとお料理した後に楽しく食べるお料理はいいですねshine
日が暮れ始めてところで、ワインwineを持ってビーチへwave
「これから海で泳ぐのにはいい時間だな」
とおっしゃっていたイタリア人のダンナさま。
はい。わかりますpaper
イタリアの、暑い夏の日の夕方に入る海が大好きでしたheart
私は足しか入れませんでしたが、足だけでも、海の波の力、パワーをしっかりと感じたのでした。
やっぱり海っていいですねwave
東京の真ん中に暮らしていると、自然のパワーの中で暮らしてみたくなるものですhouse
あっ、緒方先生のお家houseは、すっごいかわいいお家heart04
インテリアも素敵ですshine
あんなかわいいお家houseで暮らしてらっしゃる男性もいらっしゃるんですねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水)

鎌倉&逗子遠足1

日本イタリア料理教室協会 の鎌倉&逗子遠足に行って参りましたtrain
今回のガイドは、アトリエ・メディテラネ を主宰されている緒方先生。
鎌倉の街中にあるイタリアンなお店をピックアップしてご紹介してくださいました。

ラスクとフォカッチャ、ピザのお店。
駅から近い丸七商店街の中にあって、教えてもらわなかったら解らないような場所にありますが、普段のお買い物にの途中に、ついつい買ってしまいそうな感じ(笑)
プレーンなラスクを買ってみましたが、優しいバターの香りに、サックサクな歯ざわり。
止まらなくなります・・・delicious

鎌倉Rusticana
イタリアンドルチェのお店。
Sp1040048 前日の取材でいらしてくださった方もお話されていたお店。
レッスンの時にカンノーリを作ったのですが、普通はみんな知らないシチリアのドルチェ。
ここのお店でカンノーリを食べて、知っていたそうです。
カンノーリの知名度を上げてupいる、いいお店ですね。

ジェラテリア・イル・ブリガンテ
カラブリア出身のイタリア人が経営しているジェラート屋さん。
Sp1040051_3 原材料にもこだわっていて、安定剤には、「いなご豆の種粉」だけを使用しているそうです。シチリアのジェラテリアではまだまだ使われているそう。
へぇ。知らなかったなeye
リモーネのジェラートは、優しいお味でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

青森観光

せっかく青森まで来たんだから、郷土料理だけでなく、その土地の名物は見ていかないといけないですよねeye
P1000806 まずは弘前城。絵葉書のような写真が撮れてかなり満足ですup
ここの弘前公園、お天気予報では雨だったのですが、すっかりいいお天気で新緑を楽しむことができましたclub
ゴールデンウィークの桜祭りcherryblossomの時には歩くことも大変なくらいの人出だそうですが、この日は全く人がいなく、まるで貸切のようdog
キレイな新緑の中ですごくゆったりとしたプライベートな空間を過ごすことができました。

P1000793 P1000797 青森のお祭りと言えば「ねぷた祭り」ですよね。
ねぷた村に行って来ました。
左が弘前の「ねぷた祭り」
右が青森の「ねぶた祭り」
弘前は扇型で青森は立体的な人形型となっています。
今回解ったのは、場所によって、いろいろなねぷた祭りがあるのですね。
P1000801 女の子のお子様は、こんなかわいい金魚を持つそうですpisces
かわいいheart
ちょっと私も欲しくなりました。
青森の人は、ねぷた祭りにすごく情熱を注いでいるということが解ったことが私のイチバンの収穫でしたnote
Sp1000815 津軽海峡を見たことがないということで、「龍飛岬」に行ってきました。
もしかしたら、日本海も見たのも初めてだったかもeye
私って、本当に日本のいいところを知りませんねdespair
この日は風もあまりなく、少し曇ってはいましたが、津軽海峡のうねりは見ることができました。
P1000824 最後にやっぱり美味しい物のご紹介wink
最初に新幹線で八戸に到着したときに駅の売店でたまたま買ったのが、この「縄かりん糖」
細長く練った小麦粉をひねり、大豆油で揚げてあるそうです。
周りは甘くなく、素朴なお味と触感はなかなかいいですup
P1000826 帰りの八戸駅で売っている「鯖の冷燻」

八戸は鯖が有名だそうで、この鯖の冷燻は絶品ですwink

新幹線の売店で売っていますので、八戸にいらした方はお土産にいいですよnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月25日 (木)

青森グルメ

せっかく弘前まで来たんだから、自腹で1泊してもいいから楽しんで帰らなきゃwink
普段は、イタリア郷土料理の研究をしているものの、日本の郷土料理にはうとい私sweat02
これは、しっかりと研究して帰らなければなりませんeye
津軽郷土料理の店 あば
このお店最高happy02
なに食べても美味しいlovely

赤ちゃんの時から馬刺しを食べてきた私ですが(笑)こんなにサシの入った馬刺しを頂いたのは初めてheart表現が間違っているかもしれませんが上質な牛肉のようです。脂身がたまりませんhappy02
ほっき貝。あんなに身がふっくらで、甘くて口にいれた時の感覚をほっき貝で味わったことがありませんでした。
あんまり、初めての感動を口にしてしまうと、今までいいものを食べてきてなかったのではないか、と疑われてしまいますが、東京でも小さい頃から美味しい魚介類は食べてきたとは思っていましたが、やはり違いますねsign01青森最高ですup
P1000790 郷土料理の「貝焼き味噌」
すっごく大きなホタテの貝殻の上に(こんなに大きなホタテの貝殻は、なかなかないそうです)ホタテ、お葱、お味噌を卵とじされ、三つ葉が載っています。
ホタテの身がふっくらで甘くて美味しくて。
そういえば、牡蠣も身が大きくて美味しかったな。昔は、この地方では牡蠣なんて食べなかったそうです。

「海にたくさんいるもの」だったそう(笑)

あと、筍は私達東京で食べている太いものではなく、細い筍を食べるそう。

日本酒もしっかりとお料理と一緒に頂いてきました。

華一風bottle 純米大吟醸だったハズ!

フルーティで口当たりが良く、女性はお好きなのでは?

あとは、じょっぱりbottle と 田酒bottle 

日本酒もいろいろとあって美味しいですよねbottle 

青森はお水もいいので、日本酒もいいそうです。

あとはここで出されるお豆腐が絶品ですsign01

黒石のお豆腐で、クリーミーでまろやかでコクありながら、後味がさっぱりとしているんですsign03これはスゴイsign03こんなに美味しいお豆腐、京都でも食べたことがありませんsign03

本気でお取り寄せがしたくなりましたpc

冬場になれば鍋物があるので郷土料理も食べられるところでしたが、私には大満足wink

すずめの焼き鳥があるって言っていたけど、あれって本当なのかしら?

食べてみたいけれど、夢で終わってほしい気も・・・sleepy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧