« 2012年11月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月30日 (木)

またまたパンネタ

Simg_5577


Simg_5574


パンがないということを予測していたのか?!
男性生徒さんがパンを焼いて持ってきてくださいました。
ありがとうございます!!
イタリア料理教室girasoleジラソーレメンバーとしては嬉しいウコン入り♪
松の実のアクセントもいい感じ。
今月のテーブルクロスと合っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月29日 (水)

パナソニック様からGOPANをお借りしております2

Simg_5593_2


Simg_5594_2

Simg_5594_5


もうひとつ。パナソニック様からお借りしたGOPANネタ。
日本のキッチンってそんなに広くないのに、キッ

チン家電って、種類が多くないですか?
あれもこれも置いておけない・・・と思いますよね。
おまけにデザインが統一されていないと、特にオープンキッチンの場合、ゴチャゴチャして嫌、と思われている方もいらしているのではないでしょうか。
今回お借りしたGOPANを我が家のキッチンに置いてみました。
思っていたよりも大きくはない印象。
デザインと色がポイントなのだと思いました!!
... 丸みのないシンプルなデザイン。
色もブラウンなため、我が家のこげ茶、ステンカラー、白でまとめたシンプルなキッチンにも違和感なく収まります。
ウチの子かと思うくらい溶け込んでいます(笑)
この見た目は、買う際にかなりポイント高いですよね。
音も以前に比べて63%ダウンとのこと。
最初は、近くで工事でもしているのかと思ったのですが、そうでうよね。
お米を砕いていれば、それなりに音もしますよね。
焼きあがるまでに4時間30分かかるので、夜にセットしておき朝に食べる方も多いのではないかと思いますし、どうしてもGOPANと一緒に寝たい方は別ですが、お部屋が別になっておれば気にならないレベル。
それ以外はいたって静か。
もちろん普通のパンも焼けますので、どうせならお米パンが作れるこちらも検討してみてはいかがですか?
もっと見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パナソニック様からGOPANをお借りしております1



Simg_5548


Simg_5514


パナソニック様からGOPANをお借りしております。
イタリア料理にはパンがつきもの。
イタリアのレストランでは、パンは何も言わなくても出てきますが、
お水は注文しないと出てきません。
それだけ身近だということ。
もちろん私のお教室でも毎回パンはお出ししております。
そのパンを今月は、お米から作ったパン、GOPANで焼いたパンをお出ししております。
思っている以上に周りはカリカリ、中はポンデケージョのようなもっちり感。
... 普通のパンよりもお腹がいっぱいになる、という声も。
シンプルな食パンを焼いてみましたので、どんなおかずにも合いやすいですね。
レッスンでは焼き立てをすぐに切ってしまうので、中の白い部分がキューッと縮んでしまいましたが、よく冷ましてから切ったほうがいいですね。
これは、普通のパンでも同じですが・・・
GOPANを食べたことのない生徒さんばかりでしたので、いろいろな意見が出ておりました。
お米から作る、ということで違和感があったが、思っていた以上に美味しい。
周りのカリカリした感じがいい、等・・・
私個人としては、日本人は「もちもち」「ふわふわ」という食感が好きですし、
普通の小麦粉から作ったパンよりも、いろいろなおかずにも合いそうなところがいいのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月27日 (月)

Scaloppina alla grotta santa caterina

Simg_5532


5
月はトスカーナのシエナ料理。
  私が働いていたレストランのお料理の登場です。
Scaloppina alla grotta santa caterina
このお料理は、シェフがコンクールで優勝したお料理でもあり、当時よく作っていたお料理として、私にとっては思い出のお料理。
  本来は仔牛なのですが、今回は江別産黒豚もも肉をカットし、叩いて広げ、ほうれん草とリコッタチーズを合わせたソースを塗り、トマトソースとホワイトソースをたらりとかけて、イタリアンカラーに仕上げます。
  特に男性生徒さんからは「うーん。美味しい」とのお声。
  先月久しぶりに会った時にシェフから言われた言葉。
  「君にとって、私はイタリア料理の師匠なんだから、いつもで勉強しに来なさい」と。
  心に、じーんと来た言葉でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピチ・アル・アリオーネ

Simg_5515


5月のシエナ料理。ピチ・アル・アリオーネ。
シエナより更に南にあるキアンチャーノのお料理です。
私が働いていたオーナーは、小さいトマトをサッとトマトソースにしておりましたが、プチトマトではその味が出なかったのでトマト水煮缶で代用し、生ニンニク、トウガラシが入るソースで作りました。
あっ、あと上質なオリーブオイルもポイントです。
この生ニンニクが、食欲を刺激してくれ、体もポカポカして活力を与えてくれます。
これぞ、ニンニクパワー。
シチリアの夏にニンニクたくさんのソースで元気になったこともあって、ちょっとニンニク信者なところもありますが、やっぱり疲れは取れますね。
ぜひ、夏バテした時には食べてもらいたい!!
男性生徒さんが「ピチをさぬきうどんで代用して作ってみます」と言っていましたが、
どうだったのかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年6月 »