« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月30日 (日)

玄気

ワタクシのパスタ教室に来てくださったり、アンチョビレッスンに来てくださったり、「趣味なび」取材にも応援に駆けつけてくださったりして、普段からお世話になっているmariサマ からのお誘いhappy01
神田にある神田の隠れ一軒家 野菜居酒屋 「玄気」に行ってまいりました。
伺った次の日、「メレンゲの気持ち」の「通りの達人」にも登場tvした人気店house
裏通りにある一軒屋で、美味しいお野菜料理が頂けるお店です。
照明が薄暗いため、写真は撮っていませんが、どれもこれもお野菜のお味がしっかりと感じられるお料理ばかりで、お酒の種類も豊富bottle
mariサマも「お野菜を食べたい時は来る」と言っていましたが、私も常連になりたいhappy02
ここのお店、1階、2階、3階、ベランダ?(笑)とお部屋があり、後からお部屋を見せていただきましたが、3階の個室がいい感じnotesベランダつきです。
その代わりsign01すっごく階段が急なためsign03泥酔bottleはできませんcoldsweats01
店員さんも呼べないため、お酒がなくなってもひたすら待つしかありません(笑)
離れもあり、店員さんにとっては大変なお店coldsweats01
そんな店員さんが、お外で、一輪車の芸を見せてくれたりsign03オーナーさんがローラーブレードを披露してくれたりとsign02皆さん、一芸がないと働けないよう(笑)
それにしても、オーナーさんのローラーブレード、すっごく上手なんだけど、なんだかすっごくおかしくて笑ってしまいますsmile
何度も見ている店員さんでさえ、大笑いしていたので、何度見ても笑えるのでしょう(笑)
ぜひ、常連になったら、オーナーさんにローラーブレードのリクエストをしてみてくださいsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月25日 (火)

ぼたんこしょう

十番祭りのおらがくに自慢 で購入した
Sp1040165 「ぼたんこしょう」
形が「牡丹の花」に似ていることから「ぼたん」という名前がついたそうeye
斑尾の山懐で古くから育てられてきた希少品種の「信州の伝統野菜」。
イタリア料理研究家ならば、この食材を使ってイタリアンを作ってみるところですがup初めて知るお野菜でもあり、まずは頂いたレシピの郷土料理を作ってみることにcat
P1040171 郷土料理の「やたら」
ぼたんこしょう、みょうが、丸ナス、大根みそ漬けをみじん切りにしていきます。
大根みそ漬けがない時はしょうゆを適量かけて、と書いてありましたが、にんにく味噌を勝手に代用(笑)
ぼたんこしょうが大きかったのかもしれませんが、結構ピリピリと辛くupご飯が進みますdelicious
肌の弱い方は手袋をして、と書いてありますが、素手で触ると後からピリピリとしてくるため、これは手袋をしたほうがいいですねflair
P1040173 そしても、もう一品は「佃煮」
みりん、しょうゆ、酒で煮ていきます。
こちらは副菜としていいですし、ぼたんこしょうがたくさん味わえ、煮ることよって、ぼたんこしょうの風味や甘みを感じることができます。
このぼたんこしょう、生で食べると辛さが引き立ちますが、煮ることによって、ピーマンのような良い風味と、程よい甘みと辛味を感じられるのですねeye
そして、ピーマンよりも高い抗酸化活性を持っているそうですup
さてさて、イタリア料理研究家としては、このぼたんこしょうをイタリア料理にするとしたらup唐辛子をたくさん使うカラブリア料理にでもいたしましょうか。
10月くらいまでは収穫されるみたいですが、さて、どこで買えるのかしら・・・?
長野県の物産店にでも、出かけてみることにしますbicycledash



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

マンゴープリン

あまりにも好きすぎて(笑)長くなりそうだったマンゴープリンの話題。
お題を変えて登場(笑)

P1000853_3今回は、上質なフレッシュマンゴーを用意してくださり、エバミルクも使用し、コクがある中にもすっきりとしたお味に仕上げてあります。
マンゴープリンは、私も大好きでマンゴーが安くなると良く作りますwink
昔「すきすきマンゴープリン」というサイトがあって、いろいろなお店のマンゴープリンやレシピやらを載っているサイトだったのですが、今はなくなっているみていですね・・・残念・・・weep

パークハイアットのマンゴープリンが大好きheart
ニューヨークグリルのデザートビュッフェで、あのマンゴープリンの美味しさに気がついてしまって、その後ピークバーに何度も食べに行ったことを思い出しますrestaurantbar
ちなみにお昼間のピークラウンジではなく、夜のピークバーが大好きlovely
テーブルの上に置いてあるロウの香りが、クラクラするほどなぜか大好きでlovely(笑)
シャンパンとマンゴープリンの組み合わせは、もぅ最高lovely
最近行っていないので、また行きたいなrestaurantbar

イタリアにいたときに、コックの日本人の子が持っていたdancyuに、パークハイアットのマンゴープリンの作り方が書いてある記事を読んだのを思い出しますbook
マンゴーは上質な缶か瓶のものを使い、年間通して同じ味に仕上げ、何度も漉していき、滑らかな口当たりにすると書いてあったのを思い出します。
確かに、香港のマンゴープリンではないのですが、素晴らしいマンゴープリンです。

そういえば、この間ペニンシュラのチャイニーズに行ったのに、何でマンゴープリン食べなかったのかしらっshock

私としたことが・・・crying

| | コメント (1) | トラックバック (0)

アジアンフード

暑かったけど、確かにイマイチ暑くなかった今年の夏sun
それでも暑くなるとエスニックやアジアンフードって食べたくなるものrestaurant
仕事をしていても、イタリアン以外にもアジアンフードを作ったり、お教室したりすることもhappy01
これは、企業さまで行ったエスニック料理の時のお写真camera
Pap_0034 「魅惑のエスニック」と題して、ナシゴレン、えびせん、生春巻き、マンゴープリン。
ナシゴレンは、サンバルというインドネシアの辛い合わせ調味料impactを使ってチャーハンにしていきます。
チリソースでも代用可能。
そこに、目玉焼きを載せて大きめにカットしたキュウリとトマトを。
大きめにカットするのが現地風(笑)
えびせんは、クルプックウダン という名前で、油で揚げると、シュワシュワシュワ~と大きくなり、揚げていても楽しいhappy01
案外、揚げたことがなかった方も多く
「これは楽しい~note
と、かなり盛り上がりましたよwink
生春巻きは、中の具材の下処理をしてしまえば、あとは巻くだけnote
巻き方にもポイントがあり、グリーンをバックに、上に海老が載って見えると、キレイな仕上がりにshine
これ、ポイントですflairお写真で見てもキレイですよねcamera
ライムとスイートチリソースをつけていただきます。

ちなみに、このレッスンの前日にもエスニックを食べに行っていて(笑)
「明日、生春巻き作るのnote
と言ったら、それなら食べないとupということになり、実は前日も食べていたのでした(笑)
P1000876 P1000877 P1000878_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

十番祭り

なんやかんやと、毎年行っている麻布十番祭りsmile
まずは、世界各国の屋台が並んでいる国際バザール会場でいつも腹ごしらえsmile
Pap_0004_2
Pap_0003 一緒に行った三田に住んでいるお友達が、美味しいよnoteと教えてくれた名物の「チョリパン」
アルゼンチンのビッグソーセージが入っているサンドイッチ。
お外でジュージューと焼いています。
見ただけでも美味しそうでしょ?
近くで売っていたハイネケンと一緒にかぶりつきますsmile
Pap_0002 食べていないんだけど、スペインの大きなパエリア鍋で作っている「フィデワ」。
どうも、これも名物なようで人気。
地元で美味しいものを知っている私のお友達は、それを混んでいない時間にせっせと効率良く購入し、お持ち帰り。
サスガ、小さい頃から長年通っているだけあります。
だって、お持ち帰り制度なんて知りませんでしたし・・・coldsweats01

Pap_0000 ハイネケンなんて飲んでいると、なかなか自分では購入しない台湾のかき氷。
ここも行列が出来ていて人気商品。
マンゴーが結構たっぷりと入っています。
これは、マンゴー好きならば、ビールを飲んでいても食べられますsmile
と、並んでいたときに、以前教えていたお料理教室の大先輩とバッタリとsign033年ぶりの再開heartお元気そうにされていて、何よりheart
こんな再開があるのも、十番祭りのいいところheart
今回気に入ったのは、十番温泉よりも奥のヒルズ近くの商店街に出ている
「おらがくに自慢会場」

いろいろな町の名物品を紹介しながら売っています。
なんとも楽しく、今回は、たくさんお買い物をしてしまいましたhappy02
いつもの十番祭りに、思わぬところでプラスαされたような気分ですっごく嬉しいnote
ヒルズでは盆踊りをしていて、またまた毛利公園を眺めながら、ゆっくりとビールbeerを飲み、人ごみから開放されて、ゆっくりと寛ぎますcatface
こんな大人な十番祭りもステキcatface
いろんな雰囲気を味わえた今年の十番祭り。
来年もまた、楽しいこと探しちゃいそうですnote

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)

リビング東京Bay 掲載されました♪

P1040170「リビング東京Bay」8/22の1681号に掲載されましたhappy01

私のお話したことを、雰囲気を出して記事にしてくださる記者さんの腕は、やはりサスガshine
最初の文章が、
「あ、イタリアへ行こう」。
そう。まさしくそんな感じに思ってから、1年もしない間にイタリアにいたのでしたairplane
あのとき、イタリアに行こうと思っていなかったら、今頃私は何をしていたのかしら・・・?
と思う時もありますが・・・sweat01

そして、
「イタリア料理」ではなく、
「イタリア郷土料理」
と書いてくださったところがニクイところheart02
嬉しいですheart04

この時のメニューは、シチリアの郷土料理で
「イタリア料理」
ではなく
「シチリア料理」
でしたので

「イタリア料理」
よりも
「イタリア郷土料理」
のほうが、しっくりとくるわけですhappy01

イタリア人は、特に北に住んでいる人は
「シチリアはイタリアじゃない。アフリカだ。」
なんて、差別するようなことを言いますwobbly
でも、サルデーニャ島はイタリア扱いなんですよcoldsweats01
不思議・・・

ローマにいた外国人の男性に
「日本人?」
と聞かれたので
「イタリア人?」
と聞き返したら
「シチリア人」
という答えが返ってきました(笑)
私も負けずと
「東京人」
と言い返しましたケド・・・(笑)

シチリア人も、シチリアに誇りpunchをもっているんですね。

さて、私のお隣の記事は、フラワーアレンジメントのお教室の先生tulip
前に私のブログで書いた「ゴッホ」のひまわりを使ってアレンジメントをされていると思ったら、こちらのお教室の名前も
「ひまわり」
でしたhappy02
ビックリhappy02

私のお教室がイタリア語で
「girasole ジラソーレ」
お隣のお教室がフランス語で
「soleili ソレイユ」

「ひまわり」繋がりでお隣だったのかしら?
なんとも、ビックリしましたが、私のお教室の名前の意味を記者さんにはお話していますので、きっと知っていてふたつのお教室を並べたんですよね。
なんともニクイ校正ですね・・・smile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

青苧そば

長岡花火に行った時にドライブインで買った「青苧(あおそ)そば
オススメだったということ、見たことがなかったから買ってみた、というくらいであまり深く考えないで買ってみましたが・・・これは美味しかったですscissors

そばのつなぎに、青苧(あおそ)と呼ばれる葉が入っています。
ウィキペディアによると、青苧(あおそ)とは、カラムシという葉で、別名で青苧(あおそ)、苧麻(ちょま)と呼ばれ、茎の皮からは衣類や紙、さらには漁網まで利用できる丈夫な靭皮繊維が取れるそうeye
ちょまは、聞いたことあったな。
おそばのお味ですが、こしがあり、独特な風味と、食べた時のもちもちとした食感、のど越しの良さも良く、すっかりと気に入ってしまいましたhappy02
お取り寄せもできるし、また食べたいなsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

ザ・ペニンシュラホテル東京 ヘイフンテラス

ペニンシュラホテルのチャイニーズ、ヘイフンテラス に行ってまいりましたrestaurant
以前、ザ・ロビーでお紅茶を頂き、生演奏もあり、優雅な時間を過ごしたことはありましたが、チャイニーズは初めてnote
まず、エントランスからして素敵heart
窓側も素敵ですが、通路側のソファー席もリラックスできていい感じnote
フランス製のクリスタルガラスでペニンシュラのシャンパン、
「ペニンシュラ ブリュット」で乾杯heart
ペニンシュラで飲む「ペニンシュラ ブリュット」、いいでねぇlovely

子供の頃、チャイニーズのオーダーはすべて父親がしていたため、昔からチャイニーズのメニュー選びに未だに慣れていない私sweat02
たくさんメニューがあって迷ってしまいますsweat01

この日、私はカメラを忘れてしまい、キレイに写真が撮れなく残念weep
しかしこのレストラン、照明は落ちているのですが、テーブルの上にはきちんと照明が当たっており、気持ちよくお食事ができますhappy01
昔、西麻布のダイニングでチャイニーズを食べたことがありますが、あまりにも照明が暗すぎて、闇鍋のようだったことを思い出しますdespair

Pap_0003_2 前菜に、チャーシューとダックとくらげ。
どちらも、皮がパリッとしており、お肉はものすごくジューシーdelicious
噛むとお肉の旨味がお口いっぱいに広がります。
あぁ、美味しいheart01

Pap_0002 Pap_0001 スープは冬瓜と貝柱のスープ。
せっかく夏ですし、夏らしいものを頂きたくなりました。
チキンにゴマをまぶして揚げ、レモンソースをかけていただきます。
レモン風味の甘酢ですね。こちらも夏らしいsun
他にもお料理をいただいたのですが、撮り忘れてしまいましたsweat02
あぁ、ざんねんwobbly今度は、ちゃんとカメラcameraを忘れないようにしないと。
P1040141 後日、他のレストランでふかひれを頂きました。
ふかひれって、上手に煮てあるかどうかsign01手間隙をかけているかどうかsign01で、全然お味が違いますよねsign03
なので、チャイニーズは、下ごしらえがとても重要。
しっかりとした仕事がされているチャイニーズを食べるのって、いいですねwink




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

ベットラ

先月、忙しくてアップできなかったベットラrestaurant
この日は、VIPメンバーの方々に急遽入れていただき、個室で8名でのお食事となりました。
このVIPメンバーの方々、何がVIPかと言いますと・・・
まず、ベットラの常連であり、ワインwineを選ぶ時になるとプレゼンが始まります(笑)
P1000955 プレゼン中(笑)
ワインの名前や品種、お味等の説明をしてくださいます。
時には、30,000円のワインを選ぶeyeVIPメンバーの方々ですが、今回は抑え目に(笑)

P1000950 以前から美味しいと聞いていたベットラのバーニャカウダ。
夏ですが、頂いてみました。
確かにsign01私のバーニャカウダには敵いませんが(笑)今まで食べたバーニャカウダの中ではイチバン美味しいかも。
すごく、クリーミーです。
バーニャカウダソースが余ったらパンをつけて食べられますし、いいですねwink

P1000954 この日注文したパスタは、白レバーのパスタ。
以前から食べてみたいと思っていた品。
確かに、これは美味しいですよ。
秋になったら、しっかりとした白ワインと合わせたいものですcatface
手打ちのタリアテッレあたりで合わせてもいいですねlovely
P1000956 この日の前日、肉料理のオンパレードだったため、珍しくお魚を選んでみました。
皆さんは、アナゴのお料理を選ばれており、すっごく身がふっくらとして美味しいheart01
この時期だけのメニューだそうです。来年食べたいなnote
P1000962 お腹いっぱいすぎて、ドルチェはパスされいた方も多かったですが、しっかりとドルチェを頂きました。
そんなに甘いものが大好きheartという私ではありませんが、しっかりとしたお料理を食べたときには、ドルチェとエスプレッソが欲しくなってしまいます。
そうゆうところは、しっかりとイタリア人。
なので、私のお教室では、ドルチェとエスプレッソをお出しさせていただいています。

ベットラのホームページを見ていると、いろいろと落合シェフの修行の時の話や、グラナータの時のことが書いてあります。

私がイタリアに行く前に、落合シェフが雑誌で
「日本では買えないから、イタリアで料理の本はよく買う」
「フランスに行った帰りにイタリアに寄ってみたら、イタリア料理に目覚めた」
と書いてあり、イタリアで実践したものです。
フィレンツェの大きな本屋さんでお料理の本bookを買ったり、
フィレンツェから2泊でパリに行ってみたりtrain

落合シェフとその後にお会いできる機会があったときに、
「昔、雑誌で、”イタリアで料理の本を良く買う”と書いてあったのですが、落合シェフもイタリアの本を参考にしたりするのですか?」
とお聞きしてみました。
「よくそんな昔のこと、覚えているねぇ。」
と言われてしまいましたが(笑)
「昔は、よく参考にしていたよ。今は、そういえば全く見ないなぁ」
と。
落合シェフも昔はイタリアの本を参考にして、それが今では自分のものとなっていったのでしょう。

「魚のカルパッチョ」は落合シェフが考案したというのを知っていましたか?
もともとは、生の牛肉をスライスしたのがカルパッチョ。
それを、白身魚で作って日本駐在のイタリア人に食べさせて好評だったので、お店のメニューとなったそう。
イタリアのイタリア料理ではない、と落合シェフのポリシーには反しますが、
「あのときの、この一件は悪いことしたなぁ、と思っているんだよ」
と、言いながらも、まんざらでもないようなお顔でしたdelicious





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

ゴッホのひまわり

お家でNHKの「こんにちはいっと6けん」 tvを見ていると、やゴッホのひまわりモネのひまわりが紹介されていました。
千葉の館山の生産農家さんみたいeye
ちょっと、訪れてみたくなりました。
この季節の夏の千葉もいいですねー。
フラワーロードから近い場所でした。
この辺りの海に昔ドライブcarに行ったとき、海の色がエメラルドグリーンだったのを思い出しますheart
御宿から下の、千葉の海は大好きですheart04

私のお料理教室名は「girasoleジラソーレ」だけあって、すっごく気になってしまいまい・・・eye
「girasoleジラソーレ」とは、イタリア語で「ひまわり」です。
私がシエナのレストランで働いているときに、車carでお家houseに帰るときのカーブのところに、たくさんのひまわり畑があって、それを見ながら通勤していたことを思い出してつけましたheart02

検索してみると、いろいろなひまわりの種も売っているんですねeye
私の背よりも高くなってしまう、ひまわりを育てる場所がないのですがweep室内用の小さなひまわりをありますねhappy01
これだったら、育ててみようかなwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)

「趣味なび」 取材されました♪

「趣味なび」の方が取材に来てくださいましたcamera
P1040129 「趣味なびガール」の方も入っていただき、一緒にレッスンnote
趣味なびガールの方以外にも外野も多く(笑)ワイワイ、ガヤガヤのレッスンとなりましたwink
これだとシティリビングの取材の時と変わらないくらいの騒がしさかもcoldsweats01
趣味なびの方にもご試食いただき、楽しそうにしてお帰りになりました(笑)
レッスン風景として、趣味なびのサイトに載りますpc
アップされましたら、またお知らせ致しますねwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

長岡花火2

お外が明るくなってきた時に寝ましたが、7時の起床wobbly
お風呂spaが趣味な私は、また朝も入ります。
何時間か前に入ったばかりでしょ・・・という感じですが・・・sweat01
ここの月岡温泉
「月の丘のもっと美人になれる温泉」
だそうですheart04
硫黄の香りがすごく、少しトロッとしたお湯の感触で、お肌もスベスベheart04
おまけに、ここの月岡温泉、新発田市だったんですね。
新発田市といえば・・・
新発田市の片山食品が遠い親戚で、ニンニクのお漬物を作っている会社eye
ニンニクのお漬物だけでも、たくさんの種類があるんですよwink
昔は、「笑天」の時間にCMも流れていましたtv
そして、ここの親族の方は新発田市長。
知らない間に、新発田に来ていたとは・・・coldsweats01
宿を出発し、お次はバスbusで会津若松城へ。 Sp1040109
ここ数年で行った弘前城や熊本城と違い大きいお城eye
弘前城や熊本城の時は、頭をぶつけそうなハシゴで登ったものでしたが、しっかりと階段もあり、それはそれはキレイなお城でした。
昨日の雨を忘れるほどの晴天sun
こちらの中でも、「愛・天地人」のコーナーがありました。
大河ドラマの影響って大きいですねeye
お次は、大内宿

Sp1040113 Sp1040115 Sp1040121 茅葺屋根のお家が50件ほど建ち並んでいます。
茅葺屋根のお家が並んでいて、なんともかわいいheart04
すっかり気に入ってしまいまいしたheart01
まるで、イタリアのアルベロベッロみたいheartなんて言ったら笑われるかしら?(笑)
Salerno_062 Salerno_068 Salerno_058_2 イタリアのアルベロベッロも、トゥルッリという石で出来たお家がお土産屋さんになっていたり、レストランやホテルになっています。また行きたいheart

ここの大内宿には、手作りのお野菜や蕎麦、籠製品等が売っているお店があり、お店を覘いていると楽しく、珍しいものもたくさんeye
次の日の撮影に使うナスを買ったり、自家製お蕎麦やそば粉、朝取りアスパラを買ったりしました。
自家製のそば粉は、冬にでもそば粉のパスタを作りたいなheart02と思って。
今から楽しみheart04
Sp1040112 ここは、景色も本当にキレイで、すっかり気に入ってしまった私virgo
茅葺屋根のお家に泊まれる民宿もあるそうで、ここはぜひまたゆっくりと訪れてみたい場所。
外国人の方にも、絶対オススメですsign03
なんとも、かわいい大内宿でしたnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

長岡花火1

長岡の花火は、すごく大きな花火があがってすごいsign03
と、以前からお友達に聞いていた私virgo
珍しくeyeツアーで行って参りましたbullettrainbus

よくよく考えたら、団体旅行に縁のない私でしたが、東京駅に集合して新幹線bullettrainで越後湯沢へ。
ずいぶん昔にスキーsnowboardで行ったことはあるにしても、ほとんど覚えていないくらい・・・
私、寒いのがニガテなので、ほとんどスキー、スノボーは行っていないんです・・・sweat02
越後湯沢からバスbusで、雲洞庵へ。

P1040074_2 私はNHKの大河ドラマ「天地人」 は観ていなかったのですが、

直江兼続が幼少時代に学んでいたお寺です。

門から本堂までの石畳の下に法華経が一石一字ずつ刻まれていて、踏みしめてお参りすると罪業消滅、万福多幸の利益に預かると言い伝えがあるそうです。

「愛・天地人博」に寄ってから、花火会場へ。
気になっていた雨rainも降りだしてしまい、不安たっぷりの予感weep
会場へ歩いていくと、ドロンドロンの沼地のような足元。
間違って転んでしまったら最後sign01罰ゲームのようsad
そんな中歩いて行き、ドロドロの中にブルーシートを敷いたら、ブルーシートからも染みてくるありさまshock
そんな中での花火鑑賞。
今年は、大河ドラマもあったため、常盤貴子さんがゲスト。
「会場上には雨雲はありません」とは言っているものの、小雨が降りだし・・・
P1040077 P1040100 P1040102 花火はしっかりと見ることができましたhappy01
東京でも、たくさんの花火を見ることができますが、やっぱり長岡花火はサイズが大きいのがあがりますし、スケールが大きいですねwink

「真夏の夜空をキャンパスに」なんて言っていましたが、本当にそんな感じhappy01
大河ドラマ記念の花火がイチバンすごかったかもnote
なんて、楽しんでいると・・・・
最後になって大雨が降りだしてきて、途中で退散するハメにrun
花火よりも明るい雷thunderと雨rainの中、ドロンドロンの足元の中を歩いていき・・・
こんなに泥だらけのところを歩くのは初めて。
確かに花火は素晴らしかったですが、私の中では、あのドロンドロンの中を歩いた思い出のほうが大きすぎてしまって・・・
でも、まだまだドロドロの中を歩いたところまでは良かったのですsign03
この後から、こんな大変な思いをするとは・・・shock
花火会場に到着する直前に、「宿に到着するのは深夜の1時になります」と告げられました。
「えっ・・・?そんなこと聞いていませんけど・・・」
と思っていたら、月岡温泉に到着したのは、深夜2時shock
なんだか悪夢のように思えてきてしまって、「これは時差があるんだ」なんて、自分に思い込ませていた私sad
温泉に入り、寝る時には外が明るくなってきて・・・
本当にとんでもない思いをしました・・・weep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »